安全で健全な職場環境の推進

従業員は、起きている時間の大半を職場で過ごします。そのため、企業は安全で健全な職場環境を築くことが大切です。当社は、従業員の職場における負傷を予防し、健康を増進するよりよい方法を常に追求しています。

従業員の安全を守り、健康を増進するための最も優れたプログラムを実施し、業界トップ3の実績を達成します。

安全実績を向上させるための主要なプロセスとして、危険要因の特定とリスク評価を行っています。このプロセスにより、従業員の傷病の主な原因に対処することが可能です。リスク評価に基づき特定した全世界の施設のうち91%に対して、2010年中にニアミス報告制度を導入しました。ニアミス報告は、傷病が発生しかねなかった事象を明らかにする危険要因特定の取り組みであり、類似した事象の回避に役立ちます。

2007年に開始した「BeWell@Baxter」は、従業員の健康増進の取り組みを支える当社の包括的プログラムです。従業員の運動を促進する「BeWell@Baxterエクササイズチャレンジ」や、栄養摂取の改善をサポートする「食事バランスキャンペーン」をはじめとする健康増進を目的としたキャンペーンの実施とともに、健康リスク情報を提供するオンラインツールの活用などにより、職場や個人の健康増進につながる企業文化を構築しています。

写真

バクスターの歩み

バクスターの技術基盤